死者達の宴、再び

卓番号
T2-02
DM/GM名
D16
自己紹介
軒先三寸お借りします。D16です。
本名名義ではD&D5版の翻訳チームの一員として、翻訳をしています。冒険とロールプレイのバランスが取れたセッションを目指してます。
セッション日程
2019年4月29日(月・祝)
使用システム
5e
セッション経験
アリ、キャンペーン完了
レベル帯
15レベル
レギュレーション
『Player's Handbook』
選択ルール:能力値のカスタマイズ(P.13)
選択ルール:ヒューマンの特徴(P.31)
“背景”のルールにおける各種選択ルール
マルチクラス(P163)
特技(P165)
選択ルール:異なる能力値で技能を使う(P175)
選択ルール:グリッド・マップを使った戦闘(P192 ただし、状況に応じて抽象処理も使用します)
以上に加えて、『ザナサーの百科全書』または『ソード・コースト・冒険者ガイド』のどちらか1冊、および選択した製品にある選択ルールおよびデータ。

所持金は通常の開始装備+7500gp、アンコモンの魔法のアイテム×2です。
ウィザードのキャラクターは標準の修得呪文に加えて、1レベル8つ、2レベル7つ、3レベル6つ、4レベル5つ、5レベル4つ、6レベル3つ、7レベル2つ、8レベル1つの呪文を(これまでの冒険によって)追加で修得しています。

所持金がだいぶ余りますが、セッション中に使用する機会を用意します。
セッション概要

ソードコースト辺境、ラウドウォーターの街とのすべての連絡が途絶えた。領主同盟は辺境の安全を心配し、ダガーフォードの街に著名な冒険者であるあなた方を集め、調査を依頼した。

行く手には、広大な領地を覆う黒雲が見える。明らかに自然のものではない黒雲の下、蠢く死霊たちの気配を君たちは感じた。

これは少々大ごとになりそうだ。

TRPG初心者向け
あてはまらない/不可
システム初心者向け
あてはまらない/不可
経験者向け
あてはまる/可
英語話者への対応
不可
セッション内容その他・補足
D&D5版の高レベルを垣間見る冒険です。旧版の『コンパニオンレベルアドベンチャーCM2~死者達の宴』をネタにアレンジしましたので、遊んだことのあるかたはご遠慮ください。
屋外での調査、冒険、人々の救出と、多様な状況を用意しますが、遭遇そのものはシンプルなものになる予定です。「高レベルの雰囲気を体験してみたい!」という方にオススメです。逆に「高レベルを極めたい」と言う方には物足りないかも。
よろしくお願いします。
事前準備の有無
セッション準備の有無・補足
主催側から卓の割り振りが決まった時点で掲示板にて「クラスのすりあわせ」を行ない、それから当日の2週間前をメドにキャラクターを作成していただきます。一週間に一度程度で構いませんので掲示板を確認して下さいませ。
対応プレイヤー人数(最低人数)
3
対応プレイヤー人数(最大人数)
4